向上心と覚悟をもって

成田 翼TSUBASA NARITA

第一東京弁護士会 所属 弁護士

CAREER

経歴 明治大学法学部卒業(2009)
慶應義塾大学法科大学院卒業(2011)
弁護士登録(2013)
第一東京弁護士会 所属
刑事弁護委員会 委員
三田法曹会 会員
趣味 読書,スポーツ,ピアノ,釣り

自分がバカなのか素朴に疑問を持った

自分でいうのも何ですが小学生の時は比較的勉強が得意で,運動も勉強もできてピアノも弾けるといた,お手本のような子どもでした。
ところが,中学生の半ばくらいから勉強が嫌いになり勉強をあまりしなくなりました。高校でも、大学に進学する人は多くなかったこともあり,大学に行くという選択肢は全くなく行き当たりばったりの生活をしていました。やりたいことも特になく,学校をさぼって遊んでばかりでした。
高校3年生のある日,先生に何となく「大学にでも行こうかな」と言うと,「大学はお前みたいなバカが行くところじゃない」と一笑に付されました。勉強も一切せず能天気に生きていましたので,その通りだと思う一方で,自分が本当にバカなのかが気になりました。先生を見返そうとは思ったかどうかは覚えていませんが,無性に自分を試してみたくなりました。

そこから一念発起して勉強を始めました。まずは、直後に控えていた、範囲も期間も明確な定期テストで試してみようと思いました。短期間ですがとにかくがむしゃらに勉強しました。それまでは、高校では学年で下から5番くらいの成績でしたが,その定期テストの結果は、学年で3番でした。
この成功体験もあったからだと思いますが,今は,勉強が好きで,勉強をしていくと世界が一つ一つ明らかになっていくような感じがとても楽しいです。高校の先生にバカだと指摘され、「自分はバカなのか」と素朴に疑問をもち、客観的に確かめてみたいと思ったことが、我ながら興味深く、私の人となりを示すエピソードとして紹介しました。
このときの高校の時の先生は,私を激励するつもりで言ったのではないと思いますが,どんな言葉が人にどんな影響を与えるかは全然わからないものだな,と思います。この言葉が私を変えるきっかけとなりました。

興味があることを深めていくことが好きです

どんなことでもいいので,興味があることを少しずつ深めることが好きで,自分の知識や経験が増えていくように意識しています。その時々で違いますが,歴史の勉強をしてみたり,ジムに行ってみたり,ピアノを練習したり,お酒の勉強をしてみたりと,一貫性は特にありませんが,継続的に積み重ねていけるものに取り組んでいます。今まで見えなかったことが見えてきたり,感じたりできるようになるのが楽しいです。何がどんなところで役に立つのかわからないので食わず嫌いはしないようにしていますが,数字に苦手意識がありまして,いつか克服したいと思っています。

解決に向けて粘り強く

幸いにも司法試験に合格して弁護士になり,いろいろな争いごとをみてきました。私はどちらかというとリスクに目が行きやすい性向があると思っています。ですから,争いごとのど真ん中にいるときは大変に思うことも多くありますが,振り返ってみると本当にどうしようもないことはほとんどないと実感しています。もうどうにもならないと思っても,そこからさらに一歩踏み込んで粘り強くしがみつくというのが良い解決のためにとても大切なことだと思っています。

エースの仲間と

私が前にいた事務所を辞め,9人で弁護士法人エースを立ち上げました。私の性格上,たくさんの人と一緒に仲良くするということが苦手ですが,エースの9人は私が一緒に仕事がしたいと強く思える仲間です。いいサービスを提供するためには,信頼できて大切な仲間と仕事ができる環境というのが必要だと思います。それがエースの構成員の幸せになり,ひいては依頼者の方に提供できる業務の質の向上につながると思います。要するにみんなが幸せになれるということです。世の中の人全員を幸せにすることは難しいですが,依頼者の方を含めた近くの仲間たちが少しでも幸せに近づける手助けになれる事務所を創ります。